--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-13

ルーツ

  アレ???

フルコースは出てこないんですか?





やっちまたっぜフジテ○ビ!、ハーフパイプの放映権どうすんの!?これ!



という鳥野さんの話題は置いといて
 

最近ね~刺激が足りないんですよ~~
 

そりゃあ、もう


定番で言えば、僕の引出しから突然、22世紀の猫型ロボットがタイムマシーンで来て「ぼく、ドラ○もん!」って言いながら出てきてくれないかな~?と、思いながら引き出しあけるくらい、刺激が足りません。

それか、古いのだと、カエル追っかけてたら転んでしまい、カエル潰した!っと思ったら突然「ひ~ろし~」って声がして(いやいや俺Y太だから!)と思いつつも、Tシャツとカエルがくっついてるの発見して、ど根性○えるになってくれないかな~っと思いながら、カエル追っかけるくらい刺激が足りません。


絵本で言えば、深夜に全身、緑の男が窓から入ってきて、「やあ、ぼくピー○ー、僕の影を知らないかい?!」といってくれないかな~?と、思いながら夜寝るとき、窓開けとくくらい・・・(以下同文)

最近だと、田舎の屋敷に疎開してたのに、かくれんぼ中に見つけた衣装ダンスの向こうは別世界! 不思議な生き物が暮らすナル○ア国でした~、みたいなことおきねえかな~、と思いながら押入れあけるくらい・・・(以下同文)

そりゃあ、もう、いきなり魔法使いのおっちゃんに、この指輪届けてくれる人、だれかいませんか~??、って言われたら、

「ハイハイハイ!俺いきま~す!」

って、すぐに手をあげるくらいに、刺激が足りませんね、(んで帰りはサムにおぶってもらって帰るの!)


そのくらい刺激が足りないわけなんですよ。

(いい意味で捉えれば、順調なんですけどね。)



しかしね、僕が思うに日本人って言うのは根っからの刺激を求める種族なんじゃないでしょうか。



そこで、皆さんはこんな話をご存知ですか。


日本人のルーツはモンゴリアンと、されてます。

元々はこの島国ではなく大陸にいたと、

そして、なぜココに来たか・・・二通りの説があります。
(考古学好きなんよ・・・なので以前読んだ話を)


一つは、もっといいところはないか、すばらしい土地はないか、と捜し求め、この東のはずれの島まで渡ってきた。

ということなら、日本人の先祖は冒険心あふれた強い民俗、ということになります。

二つ目は、昔はあるところに定住して畑を耕していたが、そこを追い出されてしまい、またつぎに住みついた所をまた追い出されて、東の島まで逃げてきた。

コレが日本の先祖なら、気の小さい弱い民族の集まりとなります。


さて、考古学的には移り住んでいたことが分かっていますが、どちらが一体正しいのか????、ココからは推測ですが、現代の生活感や状況を考えると、日本のルーツは二つ目ではないか、とされてます。


   何故二つ目、なのか・・・。


日本の習慣の中には、はっきり結論を出さない、とか、個人で責任をとらないでいいような制度とか、弱い人間が上手く協調して生きていくための知恵がいたるトコに工夫されているからです。それは、法的なルールの中だけではなく、昔から続く、文化や習慣から読み取れるらしいのです。




しかし!しかしですよ。日本人は刺激を求めてこの地に来たってことは考えられませんかね?

だからこそ、ココには四季鮮明の地であり、祭り等が今もなお各地で盛んに行われる地ではないですか。



そう、我々日本人の先祖はね、はるか昔、刺激を求めながらも、争いのない平和な地を求めた、とてもオオラカな人種だった(らいいな~)


だって、一年中、同じ季節で同じ天気同じ気温同じ風同じ色同じ世界なんて、考えられないでしょ?いくら良い天気、良い風、良い気温でも、飽きてしまうんですよ!

だからこそ、刺激を求め、この四季を楽しみはじめたのではないかと・・・思うんですね~僕は。

だから、僕らも、ただこの寒さに耐えるだけでなく、逆に楽しんじゃいましょう!

(という屁理屈でスキーに行ってきます・・・・・・・・・)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://09090077556.blog37.fc2.com/tb.php/79-a0249e71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。