--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-11

(いきなり川柳5・7・5)   マスコミが  いちばん欲しい  金メダル    (もちろんパクリ!)

右に見えます笑顔が~、当劇団の~、演出家~、でっございます。

左に見えますおひげが~、照明を~、やっていただいてる~、店主~、っでっござい~っます。




はっ!バスのツアーコンダクター風に

   バックステージコンダクタ~をやってる、リーダーの夢を見ました・・・



(失礼しました・・・)




さて(勝手に)本題へ!

始まりましたね~~、オリンピックが!!!

鎌倉に、トリノ キン(鳥野金)さんという方がいるらしいですね~


ていうか、皆さんみましたか?

フィギュアスケートの練習を。

素人目の僕の目にも、かなり、外国勢がすごく見えたんですけど・・・

本当に日本はメダルをとれるんですか?????????


いや、応援するのは、すごく良いことで、僕も応援してるんですが・・・

コメンテーターの言葉(メダルの可能性)を聴いてると、

ほんまか~?????

過剰な期待しすぎじゃないのかな

という感じが否めなくて・・・。



といっても、僕もスキーのモーグルには、かなり期待してしまうんですがね。

あの、コブコブ、やったことある人は、すごさが分かるんですが、滑りきるので、もう大変なんですよ。

しかもその最中でジャンプするでしょ、しかもコークスクリューで!

あのコークスクリューすごすぎます、後方宙返りしながら横にも回転しつつ、二回ひねり、ありえません、

事実、スキーでしかありえない動きですしね。前に向かう力と上に向かう力がないと、ありえないんですよね。(トランポリンでは不可能)

一番すごいなーと思うのは着地ですね、

僕もジャンプ台を使ってのバク宙をしたことが何度かありますが、難しいのは飛ぶことよりも降りることなんですよ。(何度コケたことか・・・)

そのまま滑り続けるだけでもすごいのに・・・

やはりオリンピックすごいですね・・・。



しかしやはり、スキーの場合、得点基準に疑問点が残るのは以前と変わらないんですよね。


スノーボードをやる人は分かるんですが、(たぶんテレビを見てても分かりますよ)。スノボーだと、ジャンプ中に板を手でさわるだけでもグラブっていって、点数になるんですよ、しかしスキーだと板をさわってる人いないでしょ。点数にならないんですよ。

なんでなのかは知りません。スキーの方が板にさわるの、難しいんですけどね~、体をかなり曲げなければいけないから。

ソレと回転も点数に入らないですね、スノボーは半回転(180度)を「ワン」って言って、一回転(360度)を「スリー」、一回転半(540度)を「ファイブ」、それから半回転増えるごとに「セブン」「ナイン」って呼び名があって、増えれば増えるほどに難易度が上がり、得点も増えるんですけど・・・

スキーは何回転しても変わらないので、みんな一回転なんですよね~。


しかし時にスキー選手の外国の方でトリック中グラブをする人がいます。

なんで得点にならないのに、そんな無駄なことをするのか、

ソレはね、「私はオリンピック委員会の採点基準に、おかしいと思ってますよ~」

っていう、暗黙のメッセージなんです。



そういった、得点に直接結びつかない技(トリック)を選手が行った際




アナウンサーは技の名前が規格内にないのでこう呼びます
   








「It’COOL」


      
            
    とね


(日本のアナウンサーは言うか分からんけどね)



そんなトコも見てくれると、うれしいな~。
スポンサーサイト

コメント

バックステージツアー、やろう!!やろう!!

かなり乗り気の私。

演出家様、リリアミュージカル様、リリアの皆様、いかがですか??

でも、当日はバタバタですよね・・・

マッマジか?!りーだー!!!

みんなスッピンとかだと、思うぞ。

なのに何故かお母さん方はバッチシメイクだと思うぞ。

さて、そのコメントをそのままミュージカル団のblogに載せてみよう。
きっと、次に稽古を見に行った時、君はぼっこぼこ??

なんてね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://09090077556.blog37.fc2.com/tb.php/78-bbb2cbcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。