--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-11

「まさか、こんなことになるなんて・・・。」

証言者1「まさか、こんなことになるなんて・・・。」

証言者2「この四人で・・・、かんがえられない・・・。」

証言者3「アレはまるで昨日のようね・・・。」

証言者4「コレが若さ、というものなのなのかな・・・。」

全証言者「きれい・・・・・・。まさかこんなのが見れるなんて・・・。」

ということで、行ってきました・・・。







20051211023840.jpg





(えええええええ!なにこれーーーという感じですが)

クリスマスのイルミネーションです。

何でこんなことになったのか・・・?



本日ワタクシは「川口少年少女ミュージカル団」の本番のお手伝いに参加させて頂きました。

その本番を客席で見させていただき、自分が始めてみる演目というのもあり、大変感動しました。

この舞台を作り上げるために多くの団員や、その関係者様が努力してきたんだと思います。

しかし、私を動揺させるくらいの、感動が、本日二回目の本番ラストに待っていました。

Y先生に促されて後ろを振り返ると、

スタッフのIさんが、どの客席の方よりも大きく、楽しそうに頭の上で手拍子しているではありませんか。

しかもその隣にいた、今回スタッフとして参加しているOBOGのKは

(おいおい、おどりだしたよ!・・・・・・・。)

あんぐり・・・・・。(古い?)


その瞬間、私は

(うおおおおおおおーーーーーー)

すごい、すごいぞ!何故かこの鼓動を抑え切れん!


と、なって。何故かすごく胸がたかぶってしまいましたとさ・・・。


その後、御片付けをし打ち上げに参加させていただいたのですが・・・。



その後です・・・。事件がおきました。

僕はD君に送ってもらうため、D君の車に今日スタッフとして参加したOBOGのAとKと一緒に乗り込みました。


僕はその打ち上げの場所からすぐの家なので、我が家の前で降りようとしたんですが・・。

降りようとしたら、まだ興奮の冷めやらぬご様子のほか三人。

「えっ降りんの・・・?」

何故か僕の家までの間にあったイルミネーションを掲げていたお宅の話へ・・・。

そして、東浦和の某所にあるという、イルミネーションの話へ・・・。

D君がそこの場所を知っている事で・・・。

行くことになりました。

何故か僕も一緒に・・・・。

ソレがすごいの何の!

今日、本番で興奮した四人そのテンションのままイルミネーションに興奮!
20051211030928.jpg


ナンじゃこりゃ!(太陽にほえろ、ジーパン風)(古い?)



20051211031125.jpg



ご近所で協力しおって!(もっともっとやれーーーー)

ねえ、ムーミン

20051211031349.jpg




部屋の中は眩しくないの?・・・・・・・・。


20051211031507.jpg



なーんて会話をしながら四人はイルミネーション観光に・・・・。

A「この四人で行動するなんて不思議だね・・・。」

K「まさか、こんなラストがまってるなんてね」

という、女の子のふたりのお気に入りのお家・・・・。

20051211032059.jpg


「あんなバルコニーで朝食をとりたいね・・・。」

「ほんとにね・・・・。」

「こんなとこをカップルで歩いたらディズニーランド以上だね・・。」

「みて!庭の垣根も・・・・。」


20051211032433.jpg


「ほら、あそこも!」

20051211032556.jpg


「一体どんな人がすんでるのかな・・・?」

20051211032704.jpg


「結婚とかしたら・・・。夫婦でこんなの作ったら楽しいだろうな・・・。」

20051211032828.jpg


そんなこんなで、四人は、夜道を歩きました。

しかし、こんなにもわくわくする夜道は初めてです・・・。

次の家はどんなイルミネーションかな?

なんて、言いながら歩けるんですからね。

しかし、ここで話は終わりません。

ほとんどのイルミネーションを見終わった僕ら

時計を見ると、まだ十時。

若い僕らはココからが本番では?

ということで、次は・・・・。


お台場の夜景だーーーーーーーーーー!(すまん!この言いだしっぺは僕です!イルミネーション見たらテンション上がってもうて・・・。)

アクセルを踏みこむD君!

盛り上がる車内!

オレ今日車を降りる予定だったのに!(明日6時起き・・・。)

付いてみると、僕らを裏切らない東京の夜景が・・・!

20051211033549.jpg


「大体毎日って予想できるじゃない。けど今日、まさか、この四人でここに来るなんてね。考えもしなかったよ」

「もちろん、私達も・・・。」

20051211034033.jpg



そりゃそうだ!

コレは偶然の産物といっていい

スッタフとして本番に参加すること・・・。

打ち上げ会場に車の置き場所がそんなないと思い車を我が家に置いて行き、D君の車に乗り込んだオレ。

二人を送って帰ると言ったD君。

打ち上げ会場から我が家へ向かってるとき、道をD君が間違えイルミネーションを見てしまった私達・・・。


たぶん、だれかに

「なんで、ココにいるの?」

と冷静に聞かれたら・・・・・一言では答えられません


あのときのボクラは冷静さをなくし

しまいには、「ドラマのようだね・・・。」

なんて言いながら潮風公園の芝生広場をはしりまわっていたんですから!(今思うとなんてはずかしい!)

20051211035026.jpg


そして静かな海辺へ・・・。


20051211035556.jpg


誰かもともなく、お台場を、移動していく僕ら・・・。

最後はパッレトタウンへ・・・。

そこでデジカメの電池が切れました・・・。(途中からカメラマンD君談)

少し遊んで帰り時、レインボーブリッジを渡る僕ら

「ほんとに、考えられない一日だったね」

「そうだね、みごとな一日だったよ・・・。」



いや、ほんとに、こんな一日は、もうないと思っていました。

僕は生活する上でいつの間にか明日を意識して生きていたんだとおもいます。

こんな日が時にはあってもよいですね。(よいよね?)





これだけは言えます。

今日という日は、僕にとって今年の一、二、を争う良い日となりました。



スポンサーサイト

コメント

昨日はお電話ありがとう!!

本当にいけなくてすみませんでした。
行きたいのは山々なのですが、なんせ、母の私は、
子どもが具合悪いのにやっぱりおいていくことなど
できませぬ・・・

これからも色々ご不便をおかけします。妻、母となると、
自分の自由がほとんどというくらいきかなくなり、
独身の方にはご迷惑をおかけするはめに・・・

OB/OG会も呼びかけようと思いますが、夏のようにかなり
無理して(不眠で仕事をしたり)行動もできず・・・

誰かー!!手伝ってぇ~!!(世代交代する??)

舞台もこんな光を飾り付けたいですね。

リーダー

そんな、とんでもない!

こちらこそ申し訳ない。事情も知らず電話してしまいまして・・・。

(世代交代はしませんが・・・。)


Dくん、あれ、金かなりかかるぞ・・・。

D君、めったなこと、お言いでないよ!
いくらかかると思ってんのサー!
なんてね。

みなさんお疲れ様でしたね。

そうそう、Y太君。
世の中偶然ということはないのですよ。偶然とかたまたまとか、そういう事象はありません。
なるべくしてなった事実しかないのですよ。
・・・と、これは有名な心理学者が言っています。
となると、この4人の事象は、どのような過程によりそのような結果を生み出すことに導かれたのか、またその意図を行動に移すためにどのような心理が働き、どのような行為を行なったのかを800字以内でレポートしなさい。
締切:来週のこの講座にて提出のこと。

舞台の光物として作る時はすべて手作りで『訳あり』なパーツをわけてもらうのでお値段はそんなにかからないと思います。
例のアタッシュケース調光器のお値段は1000円
バーニーの剣の値段は800円
コンコルドの電飾は2000円
確かに細かい加工を経てもっと値段はかかっているのでしょうが、そんなにかかってないと思われます。
実は光る石(クエストゲートの三つの石)・・・一個10000円なんです・・・。
あの頃からLEDが10分の1の値段になったので今では低コストです。

電気代は?

D君、おねがい!

確かに低価格でできますよね。
でも、数がちがうって!
それよりもD君にお願いです。
例の調光機ですが、可変式のスイッチがGoodですが、他のコンセントを含めて、使用する電気量の改善が出来たらな~と思うわけです。
特に可変式の方は、容量が小さいのでもっと増やせないかなー。そうでないと、使える明かりや装置が限定されてしまいません。
以前、私の友人は、そこにトランスを組み込んで2KwくらいまでOKにしたやつがいます。
そこまではなくてもOKですが、できたら1Kwまでいけるともっと活用方法があるよん。
成功したら、ぜひ、私も1台お願いしたいよ~。

容量が小さいのは入れ物が小さいのとメーカーの既製品を使用したため流せる電流に制限があります。
(500W(100V5A)程度ですかね…。本当は380(100V3.8A)が安全です。)
自作したとしても、最高で35Aで耐圧200Vのものが限界になります。
ただ、容量が上がると電球内で起電力が発生するため回路のノイズ除去機能をつけなければならないのでもう少し勉強が必要そうです。
電球の『鳴り』や『チラつき』が気にならなければ最高で3kw程度のものは作れそうですね。
ただ、舞台で使用するための物となれば高圧用の端子台と放熱板とファンと制御盤用のケースとステンレスの筐体などなど、色々とお金がかかると思います。
ケーブルも耐圧600Vで電流75A位の物がいいですね。
どれくらいの容量が必要なのか聞ければ設計してみます。

すいません、肝心なトライアック調光器は600V35Aの容量のもののチップを見つけました。
規格表を見てないのでなんともいえないですが実際に高容量の物も作れそうです。

↑はい、全然わかりません・・・・・・・・・。


ひげ丸店主様!

申し訳ございません!
一日考えましたがレポートは不可能です。
う~ん難しすぎます・・・。

Y太さま、D君さま

まず、Y太さま。
これはいかんですよ!だめです。ちゃんとレポートしてくださいな。
でないと、これを見ているみんなから、あらぬ疑いがかかりますぞ~。なんてね。
でも、世の中偶然はないという考え方、確かにうなずけると私は思っています。思い起こせば偶然という逃げの世界に入ろうとした自分がかなりありましたので。
今日も知人がそうでした。仕事の関係で1日に時間を空けて2回あったのですが、2回とも遅刻。それも電車の遅れ。ちゃんと着く時間を調べて乗ったのに今日は事故の日?なんて笑ってました。でも私は10分前についていましたよ。実際にこの人、待ち合わせしても必ず遅れます。これって偶然でしょうか???(だから今日の待ち合わせ時間は、本当に必要な時間よりも10分早めたんですけどね。結果、ドンピシャでした)。つまりこの人の偶然はなるべくしてなった事象なのですよ。偶然電車が事故で遅れたのではなく、遅れた電車に乗った。もしくは遅れることを予想して乗れなかった。大好きな人と初めてのデート。時間ぴったりに着くように行きますか?彼、ぴったりに着くように行っちゃうんですよね。だからいつもふられてます。

D君さま。
さっそくの調査ありがとうございます。
知識はあってもそのあたりの理論がわかりません。
かつて友人が作成したときは、音響用のノイズ除去を利用した話を聞いています。
なお、電圧に関しては、100V限定で結構です。
100Vで1Kw、できれば2Kwがあれば最高です!
私も自作しようと思いましたが、通常の既製品の場合、あの手のスイッチはせいぜい1A。あっても1.5A。考えてみれば当たり前ですよね。家庭用の電気で1A以上ないですものね。
ただ実際にかつてとある場所で簡易型の調光機を作ってもらったことがあるのですが、その際もあのようなスイッチでした。1回路2Kw×10回路だったと思います。ただ、すっと持ち運べるものではありませんでした。当然、ファンもついていました。
ちなみにこの手のアナログ式の調光卓は、今や受注生産です。1回路2Kw×12回路のもので定価54万円です。
この際、もっと簡易的なものを安価でつくり、商売します???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://09090077556.blog37.fc2.com/tb.php/24-fed2620b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。